【箱根予選会】観戦ガイド…号砲は9時35分、会場は無観客 日本テレビ系で生中継 TVerでライブ配信

スポーツ報知
昨年の予選会の様子

◆報知新聞社後援 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(23日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)

 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=来年1月2、3日)の予選会(報知新聞社後援)は、23日午前9時35分に号砲が鳴る。41校が出場し、ハーフマラソン(21・0975キロ)の上位10人の合計タイムで10枠の本戦出場権を争う。

 例年は東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、国営昭和記念公園ゴールのコースで行われているが、新型コロナウイルス感染防止対策として昨年に引き続き、今年も無観客で駐屯地内の周回コースで開催。学生ランナーは静かなる立川から「箱根への道」を走る。

 ◆第98回箱根駅伝予選会開催要項

 ▽日時、コース 10月23日午前9時35分スタート。東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地内を周回する公認コースのハーフマラソン(21.0975キロ)。

 ▽競技方法 全選手が一斉スタート。各校、登録選手の中から10~12人が出場し、上位10人の合計タイムで争う。留学生は登録2人以内、出場1人以内。上位10校が本戦の出場権を獲得。

 ▽出場資格 選手登録は1校10~14人。登録選手全員が19年1月1日~21年10月10日に1万メートル34分以内の公認記録を有すること。

 ▽関東学生連合 予選会で敗退した大学の中から個人成績上位者を中心に選考。例年通り5月の関東学生対校の成績も考慮される。1校1人に限定し、本戦出場経験がない選手が対象。留学生を除く。本戦ではチーム、個人ともに順位がつかないオープン参加となる。

 ◆テレビ放送&初のライブ配信

 23日午前9時25分から地上波の日テレ系列(関東ほか)で生中継。また、今年初めて無料配信サービス「TVer」で23日午前9時25分頃(スタート)から結果発表までライブ配信される。BS日テレでは23日午後7時から録画放送。解説は住友電工の渡辺康幸監督(48)。昨年の予選会をトップ通過し、本戦7位でシード権を獲得した順大の長門俊介監督(37)と、箱根駅伝7区区間記録保持者で予選会通過も落選も経験した明大OB阿部弘輝(23)=住友電工=がゲスト出演する。CS放送の日テレジータスでは31日午後8時30分から特別編を放送。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請