【箱根予選会】僅差の明暗 1人平均わずか0.1秒差…知っていると観戦が面白くなるトリビア集めました

スポーツ報知
昨年の予選会の様子

◆報知新聞社後援 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(23日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)

 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=来年1月2、3日)の予選会(報知新聞社後援)は、23日午前9時35分に号砲が鳴る。41校が出場し、ハーフマラソン(21・0975キロ)の上位10人の合計タイムで10枠の本戦出場権を争う。

 例年は東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、国営昭和記念公園ゴールのコースで行われているが、新型コロナウイルス感染防止対策として昨年に引き続き、今年も無観客で駐屯地内の周回コースで開催。学生ランナーは静かなる立川から「箱根への道」を走る。

 ◆予選会の歴史 前身は関東学生10マイル

 前身は世田谷区・代田橋―武蔵野市・井の頭公園往復の関東学生10マイル(約16.1キロ)。1955年、当時の本戦参加限度の15校を上回る19校が初めて予選会を兼ねて行われ、前年度優勝の中大を含め全チームが参加。8人の合計タイム上位15校が本戦の出場権を獲得した。翌56年から前年度の上位10校にシード権が与えられ、残り5枠を予選会で争うことになった。58年から10人の合計タイムで競うようになり、64年から距離が20キロに延長された。コースは八王子市、千葉市などに数年で変更され、77~99年は大井埠(ふ)頭周回コースに固定。2000年から現在の立川市に移った。03年の80回記念大会に限り、箱根芦ノ湖畔の16.3キロで開催。開催時期は90年まで11月、91年から10月。02~12年は関東学生対校の成績による減算タイム(関東インカレポイント)を採用。18年からハーフマラソン(21.0975キロ)に延長。

 ◆トップ通過 最多は専大と東農大で6回

 最多は専大と東農大で6回。55年の最初の予選会で1位通過した中大から前回の東京国際大まで1位通過した延べ66校のうち、本戦でシード権を獲得したチームは44校。シード獲得率は66.67%。

 ◆予選会通過回数 国士舘大は歴代1位の31回

 制度が確立された1955年以降、前回まで66回の予選会が行われており、国士舘大は歴代1位の31回の突破を果たしている。ただ、シード獲得は平成最初の大会(90年)が最後で、それ以来、毎年、予選会参戦を強いられている。

 ◆僅差の明暗 1人平均わずか0.1秒差

 06年、実際の走破タイムで7位だった拓大は当時、採用されていた関東インカレポイントで、城西大、大東大、国士舘大に逆転され、次点の10位に急落。9位の国士舘大との差は1秒。1人平均わずか0.1秒差に泣いた。16年に次点の11位で88大会ぶりに本戦出場を逃した中大は日大と44秒差、当時歴代10位の僅差だった。前回、明暗を分けた10位の専大と11位の筑波大は歴代6位の18秒差だった。

 ◆個人1位 過去26回中21回でアフリカ出身留学生がトップ

 95年から前回までの26回でアフリカ出身の留学生が21回、個人トップを取った。17年まで20キロだった最高記録は07年の山梨学院大・モグスで57分1秒(1キロ平均2分51秒05)。日本人最高は14年に個人1位になった城西大・村山紘太で58分26秒(同2分55秒30)。18年からハーフマラソンに延長され、平坦コースで行われた前回、拓大のジョセフ・ラジニが1時間13秒(同2分51秒25)でトップ。日本人では18年に起伏がある公園ゴールのコースで順大の塩尻和也が1時間1分22秒(同2分54秒52)の最高記録をマーク。昨年に引き続き、周回コースで開催される今回、塩尻を超える選手が現れるか。

 ◆返り咲き 立大54年ぶりなるか

 最長ブランクは08年の予選会で33年ぶりに復帰した青学大。出場校が増枠された85回記念大会でぎりぎり13位で突破。次点の法大と6秒の僅差だった。当時、就任5年目で悲願を果たした原晋監督(54)は「本戦の初優勝(15年)より、予選会を初めて突破した時の方がうれしかった」としみじみと語る。68年を最後に箱根路から遠ざかる立大が復活出場を遂げると史上最長ブランクの54年ぶりとなる。

 ◆予選会からの下克上 本戦も制したのは2例

 予選会から本戦を制した例は2回。神奈川大は96年に4区で途中棄権したが、同年秋の予選会を1位通過し、97年に初優勝した。97年の2位も前年に同じ4区途中棄権から巻き返した山梨学院大だった。日体大は12年に同校史上最低の19位に沈んだが、同年秋の予選会をトップ通過し、13年に優勝。見事なV字復活を果たした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請