【箱根予選会】レース展望…法大、明大、中大、拓大は有力 今年も周回コースで高速決着見込まれる

昨年の予選会の様子
昨年の予選会の様子

◆報知新聞社後援 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(23日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)

 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=来年1月2、3日)の予選会(報知新聞社後援)は、23日午前9時35分に号砲が鳴る。41校が出場し、ハーフマラソン(21・0975キロ)の上位10人の合計タイムで10枠の本戦出場権を争う。

 例年は東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、国営昭和記念公園ゴールのコースで行われているが、新型コロナウイルス感染防止対策として昨年に引き続き、今年も無観客で駐屯地内の周回コースで開催。学生ランナーは静かなる立川から「箱根への道」を走る。

 ◆箱根予選会出場校の展望◆

 【有力】法大、明大、中大、拓大

 【圏内】中央学院大、国士舘大、日体大、神奈川大、城西大、駿河台大、山梨学院大、専大、大東大、上武大

 【微妙】日大、筑波大、立大、麗沢大、東農大

 【苦戦】流通経大、亜大、慶大、育英大、武蔵野学院大、平成国際大、日本薬科大、桜美林大、関東学院大、明治学院大、東京経大

 ◆気候で急展開「耐久」勝負へ

 新春の箱根に続く秋の立川。第98回箱根駅伝予選会のハーフマラソンは、2年連続で立川駐屯地内の滑走路周回コースで行われる。

 陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、立川市街地を回り、国営昭和記念公園ゴールの例年のコースは、終盤の公園内の起伏が選手を苦しめるが、駐屯地の周回コースは終始、平坦。小雨、気温12度、微風の好条件だった昨年は超高速決着となった。10時間23分34秒(平均1時間2分21秒4)の好記録でトップ通過した順大をはじめ3校が大会記録を超えた。ぎりぎりの10位通過だった専大も10時間33分59秒(同1時間3分23秒9)の高レベルだった。公園ゴールのコースで行われた2年前の予選会は高温だったこともあり、1位通過の東京国際大が10時間47分29秒(同1時間4分44秒9)、10位通過の中大は10時間56分46秒(同1時間5分40秒6)を要した。コースが変わった昨年、一気に高速化した。今年も同様の高速決着が見込まれる。

 ただ、それはあくまで気象条件次第。全く同じコースで行われた3月の日本学生ハーフマラソンでは強風が吹き荒れ、法大の鎌田航生(4年)の優勝タイムは1時間3分0秒だった。昨年の予選会では61位相当。今回も風が強まれば高速レースではなく、耐久レースになる可能性はある。予選会を戦うランナーには「速さ」だけではなく真の「強さ」が求められる。

 前回の本戦で13年ぶり7度目の優勝を果たした駒大をはじめ上位10校はシード権を持つ。残された10枚の箱根切符をかけて41校がしのぎを削る。選手、監督、スタッフら予選会に臨む全関係者に最大限の敬意を払った上で、戦いの行方を大胆に占いたい。

 法大、明大、中大、拓大は安定感があり、突破が有力だろう。法大は練習の一環として出場した日体大長距離競技会1万メートル(9月20日)で10人が好走し、仕上がり順調。明大は鈴木聖人、手嶋杏丞(ともに4年)ら学生トップレベルの選手がそろう。中大はエースの吉居大和(2年)を中心に選手層が厚い。拓大は前回個人トップのジョセフ・ラジニ(3年)が今季、1万メートル日本学生記録を更新するなどさらに力をつけた上、チーム全体がレベルアップした。

 有力4校が順当に突破を果たした場合、残るは6枠。中央学院大、国士舘大、日体大、神奈川大、城西大、駿河台大、山梨学院大、専大、大東大、上武大の10校が争うとみる。日体大は74回連続の出場を目指す。連続出場記録は現時点の歴代2位で、継続中としては最長。順調にいけば歴代1位の中大に2035年に並び、36年に超える。絶対に途切れさせてはいけない大記録だ。一方、駿河台大は悲願の初出場を狙う。中学校教師を休職し、夢舞台を目指す31歳の今井隆生(4年)を中心にチームに勢いがある。名門校、新興校が入り乱れた激戦は必至だ。

 日大、筑波大、立大、麗沢大、東農大の5校は、ボーダーラインのやや下という微妙な位置にいる。前回の予選会でチーム史上ワーストの18位で大敗した日大は2人の主力選手がメンバーから外れた。突破への道のりは厳しいだろう。

 これまで挙げた大学以外は苦戦を免れない。ただ、自らが100%以上の力を発揮した上で、複数の上位校にトラブルがあれば“ミラクル”が起こる可能性は残されている。

 予選会は個人レースであって、個人レースではない。エースは果敢にタイムを稼ぎ、中堅層は集団走で我慢強く走ることが定石。駅伝と同等の重圧がかかる。学生ランナーは心にタスキをかけて「箱根駅伝0区」に挑む。(竹内 達朗)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請