【ロッテ】佐々木朗希ヒーローになる!きょう先発「思い切って勝負」マジック減らす

スポーツ報知
佐々木朗希

 チームのピンチをこの男が救う。高卒2年目右腕・佐々木朗希投手(19)が中8日で23日の日本ハム戦(ZOZO)に先発する。チームは残り6試合でマジック5。リーグ制覇へ重要な一戦を19歳に託す。

 この日、ZOZOで最終調整を行った朗希は「負けられない試合が続くのでチームの勝ちにつながるように自分のできることを精いっぱいやりたい」と気を引き締めた。日本ハムと対戦するのは5回4失点(自責2)で2敗目を喫した7月9日以来だが、1軍公式戦初の中6日で挑んだ前回の14日オリックス戦(京セラD)では6回5安打無失点8奪三振の好投。3勝目をマークし、それまで6度失敗していた球団51年ぶりのマジック点灯に貢献した。「自分からカウントを悪くしたりしないように思い切って勝負できたら」と右腕。まだ達成できていない本拠地初勝利もかかっており、いつも以上に燃えている。

 チームはM5が点灯しながらも首位と1ゲーム差の2位で、首位オリックスは25日の最終戦でエース・山本が先発予定。オリックスが最終戦に勝つと仮定すると、ロッテは残り6試合に2敗でV逸となる。仮に23日から2連敗した場合、オリックスにM1が点灯という崖っぷちの状況だ。

 井口監督は「こんな経験はなかなかできない。それをどう楽しんでできるか。まあ彼は楽しむ方じゃないですか」と期待した。「まずはゼロでつなぐことの方が大事」と逆境に強い19歳。このピンチをまた、救ってみせる。(小田原 実穂)

 ◆朗希の由来 大人気だった特撮ドラマ「百獣戦隊ガオレンジャー」に登場する「狼鬼」から、当時3歳だった兄・琉希さんが「ロウキ」を希望。母・陽子さんも「人とかぶらないし、いいんじゃないかと思った」と「朗希」に決まった。「狼鬼」は圧倒的な強さを誇る悪役だが、実はヒーローだったというキャラクターだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請