【西武】ドラ4・羽田慎之介は所沢出身 小6でレオの「18」背負う…「球界を代表するような投手に」

スポーツ報知
指名あいさつを終えた潮崎編成グループディレクター(左)とクラスメートからもらった絵を掲げる八王子学園八王子・羽田慎之介

 西武からドラフト4位指名された八王子学園八王子の羽田慎之介投手(17)が22日、東京・八王子市内の同校で潮崎編成グループディレクターらから指名あいさつを受け、「将来的には球界を代表するような投手になりたい」と力強く語った。

 身長191センチで最速149キロ。「和製ランディ・ジョンソン」と呼ばれる左腕は、左肘の骨髄浮腫で登板のないまま最後の夏を終えた。「長い間1軍で戦っていける、けがをしない選手を目指したい」。けがの悔しさを新たなステージで晴らすことを誓った。

 地元での活躍を目指す。西武の本拠地・所沢出身の羽田は、小学6年時にライオンズジュニアに選出され、エースナンバー「18」を背負った。潮崎編成グループディレクターは「投手としての総合力が高い。松坂選手のような、40歳を超えるまで愛される選手になってほしい」と期待を寄せた。長きにわたってチームを支える左腕へ―。大きな一歩を踏み出す。(水上 智恵)

 ◆羽田 慎之介(はだ・しんのすけ)2003年12月25日、埼玉・所沢市生まれ。17歳。小学2年から荒幡ライオンズで野球を始め、小学6年時にライオンズジュニア選出。中学は東練馬シニアでプレー。高校では2年秋からエースを担った。趣味は散歩。好きな言葉は「人生そんなもん」。191センチ、85キロ。左投左打。家族は両親と姉。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請