神宮中止がトレンド入り…ツイッター上では広島勝利を期待していた虎党が“ブーイング”

スポーツ報知
神宮球場

 22日のヤクルト対広島戦(神宮)は雨天中止となった。これで現在マジック3のヤクルトの最短リーグVは24日となった。

 ヤクルトは23日が巨人戦(東京D)、24日は巨人戦(神宮)。阪神は23日、24日が広島戦(マツダ)となっている。

 試合が始まる予定だった午後6時ころの東京地方は雨が上がっており、最寄りの横浜スタジアムではDeNA―中日戦が開催。阪神ファンからは恨み節の声が上がっているなど、ツイッターで「神宮中止」がトレンド入りした。

 ツイッター上では「神宮は試合中止か…カープ熱烈応援の予定だったのに…」「神宮の試合中止かよ。これは向かい風すぎる」「神宮中止なら、床田と森下かな。厳しいけど、結局は大事な試合で勝ててないのが原因やしな」などの声も。逆転でのクライマックスシリーズ進出の可能性がある広島が、ヤクルトを倒すことへの期待が高まっていただけに、落胆しているようだ。

 一方、この日の中止については、他球団ファンからは「寒いし無理せんほうがええ」などの声も。さらに午前中に東都大学野球が行われていたことから「神宮中止って午前中に東都の試合を強行開催してるからグラウンドコンディション回復が見込めないからだろ 午前中から試合してたらシートも敷けないもんな」などと指摘する声も上がっている。

 そしてヤクルトファンからは「ホッとしたような、残念なような。これで神宮最終戦も延びたか」などの声がつぶやかれている。

 なお、東京地方はその後、再び雨が降り始めている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請