シリーズ2連勝へ藤井聡太三冠やや優勢か 竜王戦第2局1日目は豊島将之竜王が43手目を封じる

スポーツ報知
京都・仁和寺での竜王戦第2局に臨む豊島将之竜王(左)と藤井聡太三冠(提供・日本将棋連盟)

 将棋の豊島将之竜王(31)に藤井聡太三冠(19)=王位、叡王、棋聖=が挑戦している第34期竜王戦七番勝負第2局は22日、京都・総本山仁和寺で2日制の1日目を終えた。

 3連覇へ向けてシリーズ初星を飾りたい先手・豊島が対藤井6戦連続となる相掛かりに誘導した。昼食休憩を挟んで、豊島は33手目で1時間51分に及ぶ大長考の末に端歩を攻めたが、藤井はこれを無視して7筋を踏み込み、形勢をやや優位にした形。午後6時に43手目を豊島が封じた。

 持ち時間は各8時間で、残りは豊島3時間45分、藤井4時間43分。23日午前9時開始の2日目に指し継がれる。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請