大沢桃子、防災への思いを歌に込めて「日頃から話し合うことが大切」

スポーツ報知
コンサートを開催した大沢桃子(中央)

 演歌歌手の大沢桃子が22日、都内で「大沢桃子 TENDENKOライブ」を開催した。

 ふるさとの岩手県を題材にした楽曲で活動を行う大沢は「東日本大震災から10年目。先日も、東京でも大きな地震がありました。いつ自分の街が被災するか分からない。日頃から話し合っておくことが大切です」と最新シングル「命の道」や「TENDENKO」などメドレーを含めた全10曲を披露。「皆さんのお力を借りてNHKホールで歌いたい」と紅白歌合戦への出場にも意欲を示していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請