飯伏幸太、衝撃の自爆負けで終幕…新日本プロレス最大の祭典「G1クライマックス」が迎えた曲がり角

21日のG1クライマックス優勝決定戦でレフェリーストップ負けを喫し、オカダ・カズチカ(右)に謝罪する飯伏幸太(カメラ・佐々木 清勝)
21日のG1クライマックス優勝決定戦でレフェリーストップ負けを喫し、オカダ・カズチカ(右)に謝罪する飯伏幸太(カメラ・佐々木 清勝)

 思わず目を覆ってしまった。場内に響き渡った衝撃音とリング上で5分以上、全く動けなくなった飯伏幸太(39)の姿に試合中に亡くなった三沢光晴さんやプラム麻里子さんの悲劇までもが頭をよぎった。

 21日、東京・日本武道館で行われた新日本プロレスの最強シングル決定戦「G1クライマックス31」の優勝決定戦で悲劇は起こった。

 史上初のG1・3連覇を目指した飯伏はオカダ・カズチカ(33)と対戦。試合中盤には強烈なラリアット、トップロープからのケブラーダ、シットダウン式パワーボムと大技を連発。ハイキックからのカミゴェもきめ、一気に勝負に出た。

 25分過ぎ、コーナートップに上った飯伏は「行くぞ! オラッ」と叫ぶと、大技・フェニックススプラッシュを仕掛けたが、オカダに素早くかわされ、リングに顔面と肩を強打。完全に動けなくなったその姿にレッドシューズ海野レフェリーが即座にレフェリーストップを宣告。25分37秒、オカダの勝利が決まった。

 自身を気遣い、指を1本立てて再戦を要求するオカダに「すみませんでした」と謝罪。動かない右腕を抱え、観客に謝罪しながら退場していった飯伏の背中に私は目頭が熱くなると同時に大事に至らずに良かったと、胸をなで下ろした。

 最強のヘビー級戦士を決する新日最大の大会・G1クライマックスも91年の初開催から31回。思えば、今大会ほどケガ人が続出したケースはなかった。

 飯伏やIWGP世界ヘビー級王者・鷹木信悟(38)とともに優勝候補と目された内藤哲也(39)は9月18日の大阪府立体育館大会での初戦・ザック・セイバーJr.(33)戦で左ひざ内側側副靱帯損傷、半月板損傷の重傷を負い、残り8戦すべてを欠場。内藤―飯伏、内藤―鷹木といったファン待望の黄金カードが消滅した。

 開幕から後藤洋央紀(42)、SANADA(33)という強豪を連破し、波に乗ったかに見えたタイチ(41)も脇腹を痛め、その後は分厚いテーピングをして強行出場も本来の闘いは最後までできなかった。

21日のG1クライマックス優勝決定戦でレフェリーストップ負けを喫し、オカダ・カズチカ(右)に謝罪する飯伏幸太(カメラ・佐々木 清勝)
完全復活を遂げ、G1クライマックス7年ぶり3度目の優勝を飾ったオカダ・カズチカ
すべての写真を見る 2枚
1 2

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請