フランクフルト日本代表MF鎌田大地が今季初ゴール 長谷部誠もフル出場で貢献

スポーツ報知
オリンピアコス戦でゴールを決め祝福されるフランクフルト・鎌田大地(ロイター) 

◆欧州リーグ ▽1次リーグD組第3節 フランクフルト 3―1 オリンピアコス(21日、ドイツ・フランクフルト)

 フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地が本拠でのオリンピアコス戦で、今季初ゴールを挙げた。

 トップ下で先発した鎌田は、序盤からヘディングシュートなどでゴールへと迫る。前半25分にはMF長谷部誠を起点とした攻撃から鎌田がスルーパスを出すと、抜け出したMFボレが相手に倒されてPKを獲得。ボレが右足で冷静に沈め、先制に成功した。

 待望の今季公式戦初ゴールは、2―1の後半14分に生まれた。味方シュートのこぼれ球に詰め、GKをかわして左足で流し込んだ。鎌田にとって欧州リーグ通算7得点目となった。

 勝利を決定づけた鎌田の得点もあり、フランクフルトは3―1で勝利。待望のホーム初白星で連勝を飾り、2勝1分けで1次リーグD組の首位に浮上した。鎌田と長谷部はフル出場で貢献。鎌田は11月の代表活動に向けても、復調ぶりをアピールした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請