牧広大アナ、コンビ復活!西ノ入アナとニュースお届け・・・仙台放送アナウンサーコラム

スポーツ報知
復活したコンビ牧アナ(右)と西ノ入アナ

 今月から「仙台放送Live News イット!」(仙台放送、月~金、午後3時45分~午後7時)の宮城県内のニュース(午後6時10分頃~)が様変わり。新たに西ノ入菜月アナウンサー、伊藤瞳アナウンサーが加わりました。西ノ入アナウンサーとは、今年3月まで担当していた「スポルたん!NEO」(仙台放送、毎週土、午後6時30分~)で2年間一緒にスポーツを伝えていましたが、違う番組でまたコンビに! 半年前は想像もしませんでしたが、個人的には少し懐かしい気持ちも持ちながら(笑い)、ニュースを伝えています。

 半年前に想像もしていなかったと言えば、J1ベガルタ仙台の低迷。今季は開幕からリーグ戦10試合勝利がなく、チームが「勝負の月」とした8月も未勝利、この終盤も前節までの残留をかけたチームとの5連戦(ガンバ大阪、清水、徳島、柏、大分)で1勝1分3敗と勝ち点を十分に積み上げることができず、ついには最下位転落。2010年から続いたJ1での戦いに、来季も残れるのか、崖っぷちです。

 サッカー界では「残り試合数と逆転可能な勝ち点差は等しい」という説があります。残り6試合で残留圏内の16位徳島までは勝ち点差6。この理論から行けばまだ逆転の可能性はあります。ただ逆に、あす(23日)の広島戦は、仙台が残留に向けたラストチャンスとなるかもしれません。

 仙台放送では、その大事な一戦を生中継します。(仙台放送、23日午後1時57分から)。解説は仙台や広島で活躍された元日本代表の佐藤寿人さん。勝つためには得点が必要です。今季ここまでリーグワースト2位の24得点の仙台が、安定した守備を誇る広島相手にどう攻撃を仕掛け得点を奪うのか、Jリーグ歴代最多の220得点を誇る佐藤さんに攻撃のポイントを伺いながら、運命の一戦をお届けできればと思います。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請