【ヤクルト】元山飛優が右手首付近の死球で途中交代 高津監督「今はまだ何とも言えない」

スポーツ報知
4回無死一塁、死球を受けた元山飛優(カメラ・竜田 卓)

 ◆JERAセ・リーグ ヤクルト7―11広島(21日・神宮)

 ヤクルトの元山飛優内野手が途中交代した。

 「7番・遊撃」で先発出場すると、2点を追う4回無死一塁で広島先発・大瀬良の直球が右手首付近を直撃。ベンチで治療を受けた後、グラウンドへ戻ってプレーを続けたが、5回の守備からベンチに退いた。試合後、高津監督は「ちょっと今はまだ何とも言えないです。まだ聞いていません」と語るにとどめた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請