ラグビーあす23日オーストラリア戦…松田力也が先発SO 17年大敗の雪辱誓う

スポーツ報知
メンバー発表を受けオンライン取材に応じた、ラグビー日本代表ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ

◆ラグビー・リポビタンDチャレンジカップ2021 日本―オーストラリア(23日・昭和電工ドーム大分)

 日本ラグビー協会は21日、オーストラリア戦の登録メンバーを発表した。先発SOに松田力也(27)=埼玉=が入った。19年W杯を含めここまで11試合連続先発の田村優(32)=横浜=はリザーブに回った。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(51)は「田村は軽いけががあった。キープレーヤーだが準備ができていない選手がオーストラリアのような相手に向かうのは難しいので松田にした」と説明した。

 チャンスが与えられた松田にとっては真価が問われる。先発は18年11月のロシア戦以来。今春の欧州遠征ではアイルランド戦後半27分からの出場のみにとどまった。改めて田村との差を突きつけられ、「すごく悔しい思いをした。練習からのコミュニケーション、チームメートの信頼も積み重ねていかないと、10番で出られない」と痛感した。

 オフの間はボールを触らずにリフレッシュ。ただ、ウェートトレなどの体力強化は続けた。今回と同じく、W杯中間年の17年11月のオーストラリア戦は先発SOで30―63の大敗を喫した。4年の時を経て、どれだけ成長したか示すには最高の舞台が整った。(大和田 佳世)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請