タイガー・クイーン、新技「タイガースープレックス2021」でデビュー4戦目を快勝…10・21後楽園全成績

スポーツ報知
デビュー4戦目を制したタイガー・クイーン

◆ストロングスタイル「ストロングスタイルプロレスVol.13~初代タイガーマスク40周年記念第3弾~」(21日、後楽園ホール)観衆708(満員)

 初代タイガーマスクの佐山サトルが主宰する「ストロングスタイルプロレス」は21日、後楽園ホールで「ストロングスタイルプロレスVol.13~初代タイガーマスク40周年記念第3弾~」を開催した。

 女性版タイガーマスクのタイガー・クイーンがMarvelous(マーベラス)のエース、彩羽匠とデビュー4戦目で激突。激しく攻守が入れ替わる息詰まる激戦は、クイーンが新技「タイガースープレックス2021」で彩羽を破り、デビュー以来、シングル3連勝を飾った。

 試合後、クイーンはは無言で後楽園の闇に消えた。対して敗れた彩羽はバックステージで「結果出してないんで偉そうなことも言えないし、ただただいっぱい倒さないといけない相手が現れたんですけど、そこに1人加わったなって感じです」と明かした。その上でクイーンの印象を「初代タイガーマスクさんのクローンだと聞いていたんで、とんでもないヤツだと思ってましたけど、化け物でした」と驚嘆した。

 それでも「もう1回やらせろって言いたいですね。けど、1回自分を見直して長与さんに学んでいい時にもう1回お願いしますって言いに行きます」と再戦を訴えていた。

 試合を観戦したストロングスタイルの新間寿会長は「良かった」と絶賛。試合を重ねていくごとに女王虎は進化していく。

 

 10・21ストロングスタイル全成績

 ▼スペシャルタッグマッチ 60分1本勝負

船木誠勝、〇間下隼人(14分30秒、フィッシャーマンズスープレックスホールド)スーパー・タイガー●、関本大介

 ▼スペシャルシングルマッチ 60分1本勝負

〇タイガー・クイーン(14分50秒、タイガースープレックス2021)彩羽匠●

 ▼UWAアジアパシフィックヘビー級選手権試合 60分1本勝負

△王者・将軍岡本(12分03秒、両者リングアウト)挑戦者・河野真幸△

 ▼タッグマッチ 30分1本勝負

〇ジャガー横田、井上京子(14分03秒、横十字固め)倉垣翼、網倉理奈●

 ▼タッグマッチ 30分1本勝負

宮本裕向、〇ロッキー川村2(9分50秒、アッパーカット→体固め)佐野直●、阿部史典

 ▼シングルマッチ 20分1本勝負

〇梅咲遥(9分14秒、ダブルアームソルト)松井珠紗●

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×