【ヤクルト】塩見泰隆、痛恨トンネル…7回に3点リードが同点、そして4点ビハインドに

スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ ヤクルト―広島(21日・神宮)

 優勝マジックを3としているヤクルトに3点リードの7回、まさかの事態をきっかけにした逆転劇が起きた。

 無死一、二塁での広島・宇草が中前安打。ヤクルト中堅手の塩見は走者の動きに気を取られたのか、打球はグラブの下を抜けるトンネル。打者の宇草まで生還して、同点に追いつかれた。さらに広島の猛攻は続き、1死一、三塁で坂倉が勝ち越し打を放つなどこの回計7点が入った。

 2位阪神は中日に6―1で勝った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請