初代タイガーマスク、デビュー40周年に藤波辰爾、小林邦昭氏が登場「感謝しかありません」…10・21後楽園

スポーツ報知
f初代タイガーマスク(左から4人目)を囲む藤波辰爾(左端)、新間寿氏(左から2番目)、小林邦昭氏(右から2番目)

◆ストロングスタイル「ストロングスタイルプロレスVol.13~初代タイガーマスク40周年記念第3弾~」(21日、後楽園ホール)

 初代タイガーマスクの佐山サトル(63)が主宰する「ストロングスタイルプロレス」は21日、後楽園ホールで「ストロングスタイルプロレスVol.13~初代タイガーマスク40周年記念第3弾~」を開催した。

 今年は1981年4月23日に蔵前国技館でのダイナマイト・キッド戦でタイガーマスクがデビューしてから40年。第3試合後の40周年記念セレモニーには、特別ゲストとして新日本プロレス時代の先輩となる藤波辰爾(67)、宿敵として幾度も名勝負を展開した“虎ハンター”小林邦昭氏(65)、親交のある”キックの神様”藤原敏男氏(73)、ストロングスタイルの新間寿会長ら(86)が登場した。

 新間氏から「来年早い時期に藤波、小林、タイガーマスクがエキシビジョンマッチを行うことを誓い合いました」と激励された初代虎は「若い選手がいっぱい選手が出てきています。すばらしい試合ができることをお約束いたします」とメッセージを送っていた。

 セレモニー後にバックステージで来場した藤波と小林氏へ「お2人には感謝しかありません」と明かしていた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×