【阪神】天敵・柳を攻略 高橋遥人が中日戦24イニング無失点

スポーツ報知
2回1死二、三塁、追加点となる2点適時二塁打を放ち、塁上でガッツポーズを見せる島田海吏

◆JERAセ・リーグ 阪神6―1中日(21日・甲子園)

 阪神は本拠5連戦の最終戦を勝利で締めくくり、甲子園での中日戦連勝を6に伸ばした。投手陣の奮闘でこの5連戦は3勝1敗1分け。貯金は今季最多タイ21となった。

 先発・高橋は2回1死で高橋周に中前打を許したが、安打はその一本のみで。7回には先頭・根尾、岡林、大島を3者連続三振に仕留めると、8回の頭にもビシエドから空振り三振。その4者連続三振を含む計9奪三振。8回1安打、99球でマウンドを降り、中日戦は24イニング連続無失点を記録した。

 打線は試合前まで今季の対戦防御率0・78と苦戦していた柳を2回でKOした。初回、1番の島田、中野が中前打で好機を作り、近本の二ゴロの間に1点を先制。2回にも1死二、三塁で島田が2点二塁打をマークし、2回4得点と攻略に成功した。7回には1死二塁からロハスが右中間に適時二塁打、高橋が三遊間を破り、ダメ押しの6点目を挙げた。

 

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請