【ヤクルト】元山飛優、右手首付近に死球直撃 治療後一塁へ戻るも直後の守備から交代

スポーツ報知
4回無死一塁、死球を受けた元山飛優

 ◆JERAセ・リーグ ヤクルト―広島(21日・神宮)

 ヤクルトの元山飛優内野手が途中交代した。

 「7番・遊撃」で先発出場すると、2点を追う4回無死一塁で広島先発・大瀬良の直球が右手首付近を直撃。苦悶(くもん)の表情を浮かべる元山の元にトレーナーが駆けつけ、そのまま治療を受けるためにベンチへと戻った。数分後、ダッシュで一塁へと戻って山田の適時打で同点のホームを踏んだが、5回の守備から西浦が遊撃に就いてベンチに下がった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請