【ヤクルト】塩見泰隆、痛恨の後逸から逆転負けにも高津臣吾監督「ミス恐れるな」

スポーツ報知
7回無死一、二塁、宇草の中前安打の打球を後逸する塩見。打者走者も生還し同点となった(カメラ・関口 俊明)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト―広島(21日・神宮)

 神宮の夜空に悲鳴が響いた。3点リードの7回無死一、二塁。広島・宇草の中前安打を処理しようと中堅・塩見が差し出したグラブの下を、ボールは無情にも抜けていった。白球が転々とする間に打者走者も生還し、同点に追い付かれた。傾いた流れは止まらず、この回7失点。高津監督は「ミスも四球もあった。ミスがあるとつながりになって失点につながっていく」と冷静に受け止めた。

 一度は主導権を握った。2点を追う3回2死一、二塁から村上が右翼線へ適時二塁打。自身7試合ぶりの打点はチームにとって3試合、21イニングぶりの得点だった。再び2点差となった4回には山田の適時打で追い付き、2死満塁から村上が左中間へ勝ち越しの3点二塁打。計4打点でリーグトップ112打点の巨人・岡本和に1差に迫った。主軸に快音が戻ったのは好材料。「中心がしっかりすれば点が取れる」と次戦以降も期待した。

 引き分けを挟み2連敗で2位の阪神と0・5差。マジック3は変わらず、最短Vは23日だ。残り5試合。「負けること、ミスを恐れてグラウンドに立つなんて絶対にしてほしくないし、全力でプレーしてくれたらそれでいい」。ナインへの信頼は揺るがない。(小島 和之)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請