【ロッテ】育成4位の幕張総合・村山亮介に指名あいさつ 幕張のアジャ2世は減量で100キロ目指す

スポーツ報知
(左から)井口監督のサインを持つ幕張総合・村山亮介と小林スカウト

 ロッテから育成ドラフト4位指名を受けた幕張総合・村山亮介捕手(17)が21日、千葉市内の同校で、榎チーフスカウト、小林担当スカウトから指名あいさつを受けた。「まずは支配下登録を目指してやっていきたいです」と力強く、抱負を述べた。

 186センチの恵まれた体格に、高校通算38本塁打を誇る豪快なバッティングは、ロッテ・井上晴哉を彷彿とさせる。そんな「幕張のアジャ2世」は現在、減量に挑戦中。ドラフト前は108キロあった体重を104キロまで落とした。「今はウェートトレーニングに力を入れています。目標は100キロ切るぐらいです」と笑顔で答えた。

 1位指名を受けたのは同じ捕手の市和歌山・松川虎生(こう)。「ライバル視するところもありますけど、彼は甲子園に出たり、自分よりも経験がある選手だと思うので、いろいろ聞いたりして、切磋琢磨できればと思います」。チームメートと共に成長する。

 幕張総合からは初のプロ野球選手で、同校は本拠地、ZOZOマリンスタジアムから約2キロの距離にある。「すごく誇りに思いますし、注目されるからこそ、謙虚に頑張っていきたいと思います」。地元千葉で、一日も早い支配下登録を目指し、バットを振る。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請