「モーニングショー」、車道蛇行する迷惑スケボー映像を放送…玉川徹氏「社会で疎外されている人の行動」

スポーツ報知
テレビ朝日

 テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)は21日、車道を集団で蛇行するなど迷惑スケートボーダー問題を報じた。

 番組では20日夜に渋谷区内でスケートボードに興じる集団が車道を飛び出したり、車道を蛇行しながらバスの後ろを集団で走る危険走行の映像を放送した。さらに18日夜には酎ハイを片手に車道を走る姿や多くの人が行き交う歩道で走行する迷惑行為の映像なども伝えた。

 スタジオでは、道路交通法の禁止行為に「交通のひんぱんな道路において球戯をしローラ・スケートをし又はこれらに類する行為をすること」と定められ、今年8月には静岡市で歩道上をスケートボードで悪質な走行していた男性が書類送検されたことを伝えた。

 コメンテーターで同局の玉川徹氏はスケボーで迷惑行為をする人について「人がいるところ、人の目がいっぱいあるところでスケートボードをやることが心理的目的にきっとなっている」と指摘した。その上で彼らが暴走族や壁に落書きする人々と「共通だと思います」とした上で迷惑走行について「そういうことで自分がここにいることを心理的に主張しているんだと思います。社会の中で評価されたり、自分の人生で未来に対する希望を持っていたらこういうことはやらないと思う。社会の中でスポイルされて疎外されている人の行動なんだろうなと思う」と分析していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請