【日本ハム】野村佑希が2戦連発7号3ランも最下位転落 栗山英樹監督は「若い子たちが前に進み始めた」

スポーツ報知
 

◆パ・リーグ 西武7―5日本ハム(20日・メットライフ)

 日本ハムは20日、西武に5―7で敗れて連勝は3でストップ。西武と入れ替わって、パ・リーグ最下位に転落した。

 2回に近藤の10号ソロで先制したが、その裏、先発のアーリンが山田に逆転の3点二塁打を浴びるなど5失点。3回にも山川にソロを浴びて4回7安打6失点でKOされ、3敗目を喫した。

 敗れはしたが、5回に野村が左翼席に2試合連続の7号3ラン。8回には万波が三塁打を放つなど、3年目コンビが成長をアピール。今季限りで退任する栗山監督は「少し若い子たちが前に進み始めた。まだまだ能力があるから」とさらなる進歩に期待を寄せた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請