出雲駅伝初出場Vの東京国際大が内閣総理大臣杯校納式 三浦瞭太郎主将「全日本大学駅伝、箱根駅伝でも優勝を目指します」

スポーツ報知
出雲駅伝の優勝杯を持つ丹所(左)と倉田理事長・総長

 学生3大駅伝開幕戦の出雲駅伝(10日、島根・出雲市=6区間45・1キロ)で初出場初優勝を飾った東京国際大が20日、埼玉・川越市のキャンパスで、出雲駅伝優勝で贈呈された内閣総理大臣杯などの校納式を行った。倉田信靖理事長・総長は「創部からちょうど10年。見事な成果でした」と祝福。出雲駅伝ではメンバーから外れた三浦瞭太郎主将(4年)は「チーム全体が盛り上がっています。全日本大学駅伝、箱根駅伝でも優勝を目指します」と意欲的に話した。

 出雲路でライバル校と駅伝ファンに衝撃を与えた東京国際大のVメンバーは、誰よりも仲間たちに感動と勇気を与えた。大会当日、埼玉・坂戸市の選手寮でチームメートを応援していた主将の三浦は「感動しました。3区で丹所(健、3年)がトップに立った時、泣いてしまいました」と笑顔で歓喜を振り返った。

 学生3大駅伝第2戦の全日本大学駅伝(11月7日、名古屋市~三重・伊勢市=8区間106・8キロ)、さらには最終戦の箱根駅伝(来年1月2、3日、東京・大手町~神奈川・箱根町=10区間217・1キロ)に向けて、チームのムードは盛り上がっている。「優勝メンバー以外の士気が特に高まっています。『自分も走りたい』と。もちろん、僕もそうです」と三浦主将は言葉に力を込める。

 出雲駅伝優勝翌日の11日、出場メンバーは静養に努めた一方、三浦ら出雲駅伝の登録メンバーから外れた選手は午前6時から埼玉・坂戸市の本拠地で通常通りに朝練習を行った。大志田秀次監督は「チーム全員で、次の目標に向かっていこう」と呼びかけた。

 出雲駅伝では出場6選手をはじめ、登録10選手の全員が3年生以下。4年生はひとりもメンバー入りできなかったが、戦う準備はできている。「4年生は長い距離をしっかり走り込んでいます。主将の三浦は先週、5000メートルで自己ベストを出しました。全日本大学駅伝(11月7日)ではメンバー争いをするでしょう」と大志田監督は、3日の日体大長距離競技会5000メートルで自己ベストを11秒29も更新する14分4秒99をマークした三浦主将ら最上級生に期待と信頼を寄せている。全日本大学駅伝の登録メンバーには三浦をはじめ、今年の箱根駅伝6区19位の芳賀宏太郎、今季1万メートルで自己ベストを更新している野沢巧理の3人の4年生も名を連ねた。

 さらに出雲駅伝6区区間賞のケニア人留学生イェエゴン・ヴィンセント(3年)に加え、もうひとりのケニア人留学生のルカ・ムセンビ(3年)も全日本大学駅伝の登録メンバーに入った。ムセンビは全日本大学駅伝最長の最終8区(19・7キロ)で1年時に区間賞、2年時に区間2位と快走し、伊勢路を知り尽くしている。「全日本大学駅伝でケニア人留学生の起用は1人。どちらが出場するか、どの区間を走るか、決まっていません」と大志田監督は話す。これまで箱根駅伝はヴィンセント、全日本大学駅伝はムセンビが出場していたが、実力上位のヴィンセントが全日本大学駅伝に初出場する可能性もある。ヴィンセントは「出場すれば区間新記録を出してチームに貢献したい」と前向きに話した。

 唯一の不安材料は、出雲駅伝3区2位と好走し、優勝の立役者となった丹所健(3年)が左足裏を痛め、練習を中断していること。「今は体幹トレーニングやプールで水中トレーニングをしています。明後日(22日)くらいから走り始める予定です。全日本大学駅伝には間に合うと思います」と慎重に話した。日本人エースの丹所が回復すれば、万全の布陣となる。

 「新チームが始動したときに立てた今季のチーム目標は出雲駅伝は優勝、全日本大学駅伝は3位、箱根駅伝は往路優勝と総合3位でした。でも、今、チーム全員が貪欲になっています。全日本大学駅伝、箱根駅伝でも優勝を目指します」。主将の三浦はチーム目標を上方修正し、チームの思いを明かした。

 創部から10周年のメモリアルイヤー。出雲路で初タイトルを勝ち取った東京国際大は伊勢路、さらには箱根路も席巻する勢いがある。

 東京国際大の登録メンバー16人は以下の通り。登録メンバーの中から8人が出場する。

 ▽4年 三浦瞭太郎、芳賀宏太郎、野沢巧理

 ▽3年 丹所健、山谷昌也、宗像聖、イェエゴン・ヴィンセント、ルカ・ムセンビ、堀畑佳吾、奥村辰徳

 ▽2年 生田琉海、麓逸希、林優策

 ▽1年 佐藤榛紀、白井勇佑、冨永昌輝

 ◆東京国際大 1965年、国際商科大として創立。86年から現校名。2008年に野球部の監督に元広島の古葉竹識氏を招くなど複数の運動部を強化。駅伝部は中大OBの横溝三郎総監督、大志田秀次監督を招へいし、11年に創部。箱根駅伝には16年に初出場、最高は20年の5位。タスキの色は紺青。大学の主なOBは作家の横山秀夫氏。駅伝部の主なOBは東京五輪1万メートル代表の伊藤達彦。練習拠点は、埼玉・坂戸市。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請