内村航平、鉄棒予選14・300点で暫定3位 生まれ故郷での世界選手権

スポーツ報知
内村航平

 ◆体操 ▽世界選手権 第3日(20日・北九州市立総合体育館)

 男子予選が行われ、種目別・鉄棒に出場の内村航平(ジョイカル)は、14・300点で3班終了時点で暫定3位となった。高難度の離れ技、H難度の「ブレトシュナイダー」では肘が曲がるミスがあったが、その他の離れ技は決め、着地までまとめた。

 生まれ故郷・北九州市での世界選手権で「こういった舞台を日本で、しかも僕にとっては生まれ故郷で用意していただけるのはすごく感謝しかない。ましては有観客でやっていただけるので、そこについても感謝。応援してくれるみなさんにしっかり感謝の気持ちを込めて演技したい」と話していた。決勝は24日に行われる。

 世界選手権での種目別・鉄棒は、15年グラスゴー大会金メダル、14年南寧大会、18年ドーハ大会銀メダル、11年東京大会、13年アントワープ大会で銅メダルを獲得している。

 東京五輪ではまさかの落下で予選敗退となっていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請