【オリックス】再奪首!最短24日逆転優勝だ

スポーツ報知
2回2死、先制となる右中間ソロ本塁打を放ち、ナインに祝福されるT―岡田(カメラ・義村 治子)

◆パ・リーグ ソフトバンク6―0ロッテ(19日・福岡ペイペイドーム)

 オリックス逆転Vへの光が見える勝利だった。一夜で首位を奪い返した中嶋監督は、「苦しい試合。やっと、打線がつながった。よく打ったと思います」と選手らをたたえた。ここ7試合で13点と、1試合平均2点未満だった打線のてこ入れが実った。

 火付け役は紅林だ。吉田正の再離脱後、3番を担ってきた19歳は8番に降格。「(打順は)あまり気にしてなかった。重圧も、僕らはチャレンジャーなのであまり感じていない」と落ち込むことなく、1点を追う5回2死一塁から同点二塁打。若月、宗にも適時打が出て、2死走者なしから一挙4点の逆転劇だった。

 「10・19」はオリックス、合併した近鉄ともに忘れられない1日だ。88年の同日に近鉄はロッテとのダブルヘッダーとなった最終戦に引き分けて優勝を逃すと、オリエント・リース(現オリックス)の阪急買収が発表された。因縁のロッテとの激しい優勝争い。この日は大事な試合をモノにした。

 優勝マジックは依然、相手に点灯したままだが、2位以上が確定。最短で24日の逆転Vが狙える。「あと3試合。全員でやり抜くしかない。一つのプレーに、全員で集中してやっていきたい。何とか3つ勝てるように」と指揮官。一戦必勝で、頂点を奪い取る。(宮崎 尚行)

 ◆パ・リーグ2強の行方は? オリックスは20、21日に連勝しても、20~22日はロッテに試合がないため、優勝へのマジックナンバーは22日までロッテに6のまま。ただしオリックスが連勝した場合、ロッテが23、24日の日本ハム戦に1敗でオリックスにM1が点灯、連敗ならオリックスの優勝が決まる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請