【日本ハム】栗山英樹監督が西武・松坂大輔のラスト登板に「表情にやりきった感があった」

スポーツ報知
栗山英樹監督(左)と生田目翼

◆パ・リーグ 日本ハム6―2西武(19日・メットライフドーム)

 日本ハムの栗山英樹監督が、自軍との試合で現役最後のマウンドに立った西武・松坂大輔投手に「ひとつの時代を作ってくれた。野球人として感謝したい」と、改めて惜別のコメントをおくった。

 試合終了後のセレモニーまで見届けた指揮官は、「いろんな思いがあるだろうけど、表情にやりきった感があった。それを見られただけでも幸せ」としみじみ。松坂とは横浜高時代に取材する側として接して以来の間柄。「オレも辞めて、またゆっくりと話をしたいな」と、お互いに“球界OB”として再会できる日を楽しみにしていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請