【西武】松坂大輔が引退試合後、報道ステーションに生出演「あれが限界でしたね」

スポーツ報知
最後のマウンドに登る松坂大輔

 西武・松坂大輔投手が19日、日本ハム戦(メットライフ)で引退試合に登板。試合後に「報道ステーション」(テレビ朝日系列)に生出演した。

 この日は先発し、1打者限定登板。横浜高校の後輩である近藤に四球を与えた。最速は118キロだったが、笑顔でマウンドを下りた。

 松坂は「やっぱり(引退試合で)投げなければ、どこか未練が残る思いがあったので。きょう投げて、あらためて『だから、やめるんだよな』と思いました」と最後の5球を振り返った。

 魂を込めた最速118キロについては「力を入れようと思えば、もうちょっと入れられたんですけど。強く(腕を)振ると、どこに飛んでいくのかわからないので、あれが限界でしたね」と、最善を尽くした姿だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請