日テレ・上重聡アナ、西武・松坂大輔投手の涙に「やっぱり悔しい思いがあるのだと感じました」

スポーツ報知
上重聡アナ

 19日に引退会見を行い、最後のマウンドに立った西武・松坂大輔投手(41)に向けて、PL学園高のエースとして甲子園で投げ合った日本テレビ・上重聡アナウンサー(41)が、同局を通じてコメントを寄せた。

 コメント全文は以下の通り。

 甲子園で初めて大輔の投げたボールを見た時の衝撃は、今でも鮮明に覚えています。

 ライバルや目標というより、憧れやファンのような気持ちでいつも背中を追いかけていたように思います。

 近年の怪我(けが)との戦いは近くで見ていても本当に辛(つら)そうでした。

 ただ、最後まで決して諦めない姿は尊敬の言葉しかありません。

 友人としては「もう投げてなくていいよ、頑張らなくていいよと、、、。」という気持ちでした。

 でも、会見で見せた涙は、負けず嫌いの大輔ですからやっぱり悔しい思いがあるのだと感じました。

 今後は大好きな野球に恩返しすべく、松坂大輔のような投手を育てたり、松坂監督の姿をファンは期待していると思います。

 私としては、いつでも放送席でお待ちしています。

 23年間お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請