「松坂世代」巨人・杉内俊哉2軍投手コーチ戦友・松坂大輔は「野球のセンスがすごい。あれを天才って言う」

スポーツ報知
観客に別れを告げる松坂大輔

 巨人の杉内俊哉2軍投手コーチ(40)が19日、同学年の西武・松坂への思いを語った。「同級生を引っ張ってくれたと思ってるからね。レベルアップできたのは松坂のおかげ」。現役後半はけがに苦しみながらもファイティングポーズを取り続けた右腕を「やめられる時期を決められるのは数選手しかいない。野球人生の後半は難しい思いの方が強かったかもしれない。でも諦めずにやっている姿っていうのは後輩たちも見てる」とたたえた。

 「野球人・松坂大輔とは?」という質問には「持って生まれたモノがすごい。才能が、野球のセンスがすごい。あれを天才って言うんだろうな」と話し「お疲れさましかない。よく頑張った」とねぎらった。

 ◆松坂 大輔(まつざか・だいすけ)1980年9月13日、東京都生まれ。41歳。横浜高時代の98年甲子園で春夏連覇を果たし、同年ドラフト1位で西武入団。99年から3年連続最多勝。2006年オフにポスティングシステムでRソックス入りし、08年に日本投手最多の18勝。13年途中にメッツに移籍し、15年にソフトバンクで日本球界復帰。18年に中日移籍し、20年から西武復帰。日米通算170勝108敗。182センチ、92キロ。右投右打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請