【巨人】広岡大志、エース左腕キラー発動!また今永打った先制4号

スポーツ報知
ナインとハイタッチをする広岡(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ DeNA4―4巨人(19日・横浜)

 快音を残した広岡の打球は右翼スタンドに吸い込まれた。軽快にダイヤモンドを一周。「スタメンのチャンスをいただけたので、その最初の打席で結果を出せてうれしいです」

 2回2死一塁。先発・今永の外角の真っすぐを捉え、先制4号2ランを放った。原監督が「主導権を久しぶりに握れたゲームでしたね」とたたえるように、低迷した打線にカツを注入する一撃だった。

 左腕キラーだ。3日のDeNA戦(東京D)以来の本塁打となったが、その際も相手は今永だった。今季の4本塁打は中日・大野雄と今永から2本ずつ。難敵を打ち砕いている。

 阿部1軍作戦コーチが2軍監督として指揮していた際に、ファームでは何度も熱血指導を受けてきた。「チャンスが来た時に結果を残せるように常に準備するだけ」。目の前で勝利に貢献する。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請