【巨人】連敗脱出ならず 宮本コーチ「全投手をつぎ込んで、残り3試合戦っていきたい」

スポーツ報知
宮本和知投手チーフコーチ

◆JERAセ・リーグ DeNA4―4巨人(19日・横浜)

 巨人はDeNAと引き分け、連敗脱出とはならなかった。

 先発したメルセデスは4回3失点で降板。3回までに味方が3点を奪ったが、2点リードの4回1死三塁からソト、細川に2者連続適時二塁打を許して同点に追いつかれた。

 試合後、宮本コーチは「先頭打者を出すという非常に悪い流れ。いい流れに持ち込めないというのが今日の反省点。先頭打者を出すと失点につながるというところでしょうかね」と話した。

 今季も残り3試合。20日のDeNA戦(横浜)後は2日空き、23日からはヤクルトとの2連戦を控えている。(23日は東京D、24日は神宮)同コーチは「中5日、中4日というのをやってきましたけど、今週はそういったところはなくて、中6日以上空けられる。最後の力を振り絞ってというところだと思います。最後までやり抜く、戦い抜くということが大事だと思うので。全投手をつぎ込んで、残り3試合戦っていきたい」と総力戦で臨むことを明かした。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請