【西武】松坂大輔「野球の神様が取らせてくれた」最後のストライク

スポーツ報知
試合後の引退セレモニ-でナインから胴上げされる松坂大輔

◆パ・リーグ 西武2―6日本ハム(19日・メットライフドーム)

 スピードガンの表示は最速118キロ。栄光の日々とはほど遠い数字だったが、それでも怪物は最後まで直球にこだわった。万感のラスト登板。ブルペンやマウンドでの投球練習では変化球も試した。しかし、横浜高の後輩・近藤との勝負はすべて直球で攻めきった。

 3ボール1ストライクからの5球目が内角に外れると、プレート付近の土をスパイクで丁寧にならして2番手・十亀を出迎えた。西口コーチ、内野陣と笑顔で握手。総立ちの観客の拍手に包まれながら、まずは一塁ベンチ前に駆け寄って日本ハムナインに頭を下げた。自軍のベンチ前で仲間たちとハイタッチを交わした。 試合後、取材に応じたレジェンドは「(体は)大丈夫じゃない」と笑ったが「自分自身へのけじめをつけたいと思った。あのストライクは野球の神様が取らせてくれたかな」と笑った。

 試合後も観客で埋め尽くされたスタンドに笑顔で手を振り返し、何度も頭を下げた。一周するとゆっくりマウンドへ。膝を突き、土を払ったプレートに右手を添えて目を閉じた。約5秒、静かに開いた目には涙が光っていた。最後は、試合前におそろいの「MATSUZAKA 18」のTシャツを着てあいさつを交わしたナインからのサプライズ胴上げ。「スタートも最後もライオンズの選手で終われて本当によかった」。大拍手に包まれたメットライフで5度、宙に舞った。

 ◆松坂 大輔(まつざか・だいすけ)1980年9月13日、東京都生まれ。41歳。横浜高時代の98年甲子園で春夏連覇を果たし、同年ドラフト1位で西武入団。99年から3年連続最多勝。2006年オフにポスティングシステムでRソックス入りし、08年に日本投手最多の18勝。13年途中にメッツに移籍し、15年にソフトバンクで日本球界復帰。18年に中日移籍し、20年から西武復帰。日米通算170勝108敗。182センチ、92キロ。右投右打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請