紀平梨花がGP第2戦スケートカナダ欠場…ファイナル出場絶望的

スポーツ報知
スケートカナダを欠場することになった紀平

 日本スケート連盟は19日、フィギュアスケート女子で全日本選手権2連覇中の紀平梨花(19)=トヨタ自動車=が、右足関節骨軟骨損傷のため、グランプリ(GP)シリーズ第2戦・スケートカナダ(29~31日・バンクーバー)を欠場すると発表した。

 7月に痛めていたという右足首が完治せず、日本連盟を通じ、「今後の試合に向けて治療、リハビリに専念致します」とコメントした。15日に閉幕した北京五輪テスト大会のアジアンオープントロフィーに続き、2戦連続の欠場。北京五輪での表彰台に向け、残り限られた数少ない試合での調整が求められる。

 GPシリーズは、第4戦・NHK杯(11月12~14日、東京・国立代々木競技場)にもエントリーしているが、自身3度目のシリーズ上位6人によるGPファイナル(12月9~12日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)進出は絶望的に。日本女子のエースが迎える初めての五輪イヤーは、試練のシーズンとなった。

 紀平は、昨年12月の全日本選手権で4回転サルコーに成功。「五輪のために考えながら練習をしていきたい」と話していた通り、着々と新たな武器を身につけていたが、一方で4月には腰を痛めるなど度重なるけがにも苦しんできた。9月にカナダ・トロントに練習拠点を移し、男子の羽生結弦(26)=ANA=を五輪2連覇に導いたブライアン・オーサー氏に師事。新たな環境でスケートに磨きをかけていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請