田中みな実、結婚観に言及「もっと自由であればいいのに」

映画「ずっと独身でいるつもり?」の完成披露上映会に登壇し、満員の客席を笑顔で見つめる田中みな実
映画「ずっと独身でいるつもり?」の完成披露上映会に登壇し、満員の客席を笑顔で見つめる田中みな実

 元TBSアナウンサーの田中みな実が19日、都内で行われた初主演映画「ずっと独身でいるつもり?」(11月19日公開、ふくだももこ監督)の完成披露舞台あいさつに登壇した。

 現在放送中のTBS系「最愛」(吉高由里子主演、金曜・後10時)にレギュラー出演するなど、女優として成長が目まぐるしい田中にとって、初の主演映画。田中は仕事に満足しながらも、周囲からの雑音に悩まされる30代の独身女性を演じる。自身も未婚でキャリアを重ねている田中だが、同作の取材で「田中さんのためにある作品」などと言われることが多いと明かし「30代半ばで独身で働いているという共通点で一緒くたにされがちですが、全く別の人物。切り離して見て頂いた方がいいと思います」と苦笑いした。

 自身の結婚観にも言及。「20代後半の時に結婚をひとつの逃げ道を考えたことがありましたが、結婚に対していい方がいればしたいと思いますし、もっと自由であればいいのに、世の中的に決めつけられてしまうことが多いと思いました」と語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請