佐々木尽が当日計量クリア  平岡アンディとのW王座決定戦は開催

スポーツ報知

◆プロボクシング「フェニックスバトル81」 ▽日本、WBOアジアパシフィック・スーパーライト級(63・5キロ以下)王座決定戦 平岡アンディ―佐々木尽(10月19日、東京・後楽園ホール)

 前日計量で減量失敗となっていた日本同級ユース王者で日本同級2位、WBOアジアパシフィック(P)3位の佐々木尽(八王子中屋)が19日午後5時からの計量で68・1キロ。日本ボクシングコミッション(JBC)のオーバーウエイト(体重超過)に関する規定に基づき、契約体重の8%増の68・4キロまで認められていたが、これで、日本同級1位、WBOアジアP同級2位・平岡アンディ(大橋)とのWBOアジアP&日本同級王座決定戦は開催されることになった。

 佐々木は18日午後からの前日計量で65・3キロの1・8キロオーバー。2時間後の再計量でも、同じ65・3キロだった。JBCのオーバーウエイトに関する規定では「再計量時の体重が契約体重を8%以上超過した場合、試合出場は不可」とあり、試合は中止となる。佐々木の場合、19日午後5時の計量で、68・4キロ以内なら試合は行われることになっていた。平岡が勝利の場合は2つタイトルの新王者に、佐々木が勝った場合はどちらも空位のままとなる。

 IBF世界同級6位の平岡は前日計量を63・3キロでクリアしており「コンディションはバッチリ。決まりそうで決まらず、タイトル戦まで長かったが、周りの人に支えられて、何とか維持しながらやってこられた。できるだけ多くの人を楽しませたいので、KOを狙いたい」と、試合が行われるかどうか不安の気持ちを抑え、気丈に話していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請