【中日】バンテリンドームの芝が来季に向け全面張り替え 6代目の人工芝はミズノ社製で「天然芝に近い感覚」

来季からバンテリンドームの人工芝が全面張り替えされるイメージ(株式会社ナゴヤドーム提供)
来季からバンテリンドームの人工芝が全面張り替えされるイメージ(株式会社ナゴヤドーム提供)

 株式会社ナゴヤドームは19日、2022年シーズンに向けて、中日の本拠地であるバンテリンドームの人工芝を全面張り替えすると発表した。

 現在の5代目人工芝は、2018年以来4シーズン使用。6代目はミズノ社製で、天然芝に近い感覚でプレー可能な野球専用の人工芝に切り替えることになった。

 初のツートンカラーも採用した新タイプの特徴は「衝撃吸収性に優れ、選手の足への負担が軽減」「天然芝に近い感覚でプレーが可能」「光の照り返しも少なく観戦者の目にも優しい」となっている。

野球

×