【広島】ドラフト1位左腕の関学大・黒原拓未、初対面の佐々岡監督に「大きいな…」 目標に「新人王」

スポーツ報知
広島1位の関学大・黒原(左)は佐々岡監督から指名あいさつを受けた

 広島からドラフト1位で指名された関学大・黒原拓未投手が19日、兵庫・西宮市内の同大キャンパスで指名あいさつを受けた。18日まで甲子園で阪神戦を戦った佐々岡監督も出席。初対面したドラ1左腕は「大きいな、と思いました。僕が緊張しないように、たくさん話しかけてくれました」と恐縮しながら「評価していただいて、うれしく思います」と感謝した。直々に帽子をかぶせてもらい、サイン入りのドラフト会議の入場証もプレゼント。「1年目から目標を高くした方がいい。新人王という目標を掲げ、貪欲にやっていければ」と誓った。

 最速151キロの直球に加え、カットボールやチェンジアップの精度も抜群。指揮官も「僕も映像を見て、すばらしい投手だと思った。これは即戦力だなと。活躍する姿を想像しながら、今日ここに来ました」と太鼓判を押した。先発陣は右の大瀬良、九里、森下が引っ張っているが、今季は床田、高橋昂、玉村ら左腕も成長。「左も若い選手が出てきている。より一層、厚みが増す。いい競争をしてくれたら。(黒原には)左のエースを目指してやってもらいたい」と期待した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請