西山朋佳女流王将のタイか、里見香奈女流名人の一気の奪取か 将棋女流王将戦第2局

対局開始時の里見香奈女流名人(右)と西山朋佳女流王将
対局開始時の里見香奈女流名人(右)と西山朋佳女流王将

将棋の第43期女流王将戦三番勝負第2局・西山朋佳女流王将(26)=白玲、女王、女流王座=対挑戦者の里見香奈女流名人(29)=清麗、女流王位、倉敷藤花=戦が19日、東京都渋谷区の将棋会館で行われている。

 9日の第1局で先勝している里見が勝利すると、タイトル奪取。西山が勝利すると、決着は11月4日の最終第3局に持ち込まれる。

 西山は16日の第1期白玲戦七番勝負第4局で渡部愛女流三段を4勝0敗のストレートで下し、白玲のタイトルを獲得。自身初の女流四冠となった。

 本局は将棋界史上初の四冠対四冠の対局に。里見の先手で、戦型は先手中飛車対後手三間飛車の相振り飛車で始まった。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請