【西武】ドラフト3位の中大・古賀悠斗が指名あいさつを受け「西武一筋で頑張りたい。打点王を目指す」

スポーツ報知
辻監督からの色紙を笑顔で掲げる中大・古賀悠斗

 西武からドラフト3位指名を受けた中大・古賀悠斗捕手(22)が18日、東京・八王子市内の同校多摩キャンパスで、前田育成・アマチュア担当チーフ、竹下担当スカウトから指名あいさつを受け「西武一筋で頑張りたい。打点王を目指したい」と意気込んだ。

 担当の竹下スカウトから「アマチュアNO1のキャッチャー」と期待を寄せられた古賀は二塁送球1.8秒台の強肩が武器。「プロに入った自分を想像しながら、どうやったら正捕手をとれるのか、活躍できるのか考えている」とプロ入りの準備は万端だ。

 森友哉の背中を追いかける。「目標は森さんです。プロの世界の戦い方や大学とは違って、同じ選手と何回も対戦する中でどういうリードをしたら良いのかを聞きたい」と目を輝かせたが「森さんを超えなければ試合に出られない。盗めるところは盗んで自分の力に変えたい」と早くもライバル心を見せた。

 福岡大濠高時代にバッテリーを組んだ三浦銀二(法大)はDeNAからドラフト4位指名。ドラフト指名後に「ここがゴールじゃなくてここがスタート。プロに入っても上を目指して頑張っていこう」と電話でエールを送り合った。「1年目から即戦力として勝負したい」と古賀。新たなステージへ歩き始めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請