【広島】ドラフト2位の三菱重工West・森翔平、指名あいさつ「栗林投手を目標に」ドラ1と同等評価

スポーツ報知
指名あいさつを受けた森(右)は鞘師スカウトから帽子をかぶせてもらい笑顔

 広島からドラフト2位で指名された三菱重工West・森翔平投手が18日、兵庫・明石市の同社施設で指名あいさつを受けた。白武スカウト部長、田村スカウト部課長、担当の鞘師スカウトと対面。即戦力の期待を伝えられ「1年目から活躍するのが目標。先発ローテーションに割って入りたい」と誓った。今季も昨年ドラフト1位の栗林が守護神として大活躍。「若い選手が活躍していますし、ファンの方が熱いイメージ。栗林投手も同じ社会人卒で1年目から活躍されている。そういうところを目標にしていきたい」と意気込んだ。

 177センチ、80キロの左腕は150キロ近い直球にカットボール、カーブ、チェンジアップなど緩急も抜群。鞘師スカウトは「球種も多彩。特にカットボールはプロでも十分に通用する」と期待した。結果的に2位での指名になったが「1位と同等の評価をしていました。後で聞いたら、よその球団も1位でいくつもりだったと。そこは縁なので」と明かした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請