サッカー元日本代表の浅岡朝泰氏、59歳で死去 ソウル五輪予選にも出場

スポーツ報知

 日本サッカー協会は18日、元日本代表の浅岡朝泰(あさおか・ともやす)氏が10月6日に死去したと発表した。59歳だった。葬儀は親族のみで執り行われた。

 東京都出身の浅岡氏は筑波大を経て、1985年から日本鋼管サッカー部で活躍。87年には日本代表に選出され、ソウル五輪予選など計8試合に出場した。FW、MF、DFとして88年から読売クラブでプレーしたが、92年に右足じん帯を負傷し、93年に現役を引退した。

 2003年には帝京大可児高の総監督に就任したが、04~07年に大腸がんのため闘病生活を送った。その後はFC堺の監督などを務めた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請