坂本花織、GPシリーズは「意志をもって!!」勝負へ 今季の最終目標は「五輪の表彰台」

スポーツ報知
坂本花織(提供:テレビ朝日)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズを放映するテレビ朝日は18日、シリーズ開幕前に出場する日本のトップ選手のコメントを発表。

 女子の坂本花織(シスメックス)は「意志をもって!!」と掲げ、「このショートとフリーのプログラムに決めたのは自分の意志です。その意志を通した限りは責任を持ってやるべきだと思います。また、意志をもって『女性の強さ』を演技で表現しないといけないので、すべての意味を含めて『意志をもって!!』にしました。4年前の平昌五輪の時は、がむしゃらに前向きにやっていただけなので、4年前とは違う自分を見せつつ、自分らしくダイナミックにいきたいと思っています。目標はオリンピックの表彰台です」と力強くコメントした。

 坂本は今季、ショートプログラムに「グラディエーター」を選び、フリーは悩んだ末に高い難度のプログラム「No More Fight Left In Me」を演じる。

 GPシリーズは、スケートアメリカ(22~24日・ラスベガス)、NHK杯(11月12~14日・国立代々木競技場)に出場する。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請