【巨人】育成2高田竜星、「昇り竜」になって憧れのオリ山本由伸に「早く追いつく」

スポーツ報知
巨人から育成2位で指名された石川ミリオンスターズの高田竜星投手(左から水野スカウト部長、高田投手、端保代表)

 巨人から育成2位指名されたBC石川の高田竜星投手(19)はこの日、石川県金沢市の同球団事務所で、水野スカウト部長、高田スカウトから指名あいさつを受けた。「すぐに支配下選手になって1軍で投げられるよう頑張りたい」と意気込んだ。

 高田は遊学館高を卒業し、BC石川に入団。高卒1年目ながら開幕投手を務め、シーズン17試合に登板し98回1/3を投げた。球速も143キロから150キロにまでアップ。水野スカウト部長は「1年目で50イニング以上を投げる選手はプロでも大学生でもなかなかいない。(体が)頑丈というのも特徴の一つ」と褒め、未来の先発右腕として期待を寄せた。

 竜星という名は「竜のように空の星、上に向かっていけるように」という意味だ。憧れの投手はオリックス・山本で「日本を代表するピッチャー。まだまだだが、早く追いつけるように頑張りたい」と“昇り竜”のように投手の頂点を目指し突き進んでいく。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請