自公293議席、過半数大幅上回り勝利…選挙プランナー三浦博史さんの総選挙予測

スポーツ報知
選挙プランナーの三浦博史氏

 第49回衆院選が19日、公示される。立候補者約1000人が小選挙区289、比例代表176、計465議席を争う。堅調な予測に定評のある選挙プランナーの三浦博史氏(70)は各党の情勢を徹底分析。政権与党の自公は305議席から293議席へと若干減らすとしたが、岸田文雄首相(64)が勝敗ラインと位置づけた過半数(233議席)を大幅に上回るとの見通しを示した。一方、来夏の参院選に向け弾みをつけたい立憲民主党、共産党などの野党は大きな上積みは難しい状況だ。(久保 阿礼)

 「令和」初の国政選挙は“超短期決戦”で決着する。岸田内閣の発足から解散までわずか10日。解散から投開票まで17日間しかない。いずれも戦後最短だ。

 昨年から流行する新型コロナウイルス対策と経済対策が主な争点となる今回の衆院選。自公政権か、立民・共産政権か―。各選挙区の情勢を詳しく分析した三浦氏が指摘する。

 「自民は18の小選挙区で落としますが、比例は69と若干上乗せします。また、連立を組む公明も小選挙区で1議席増、比例では2議席増の計23議席、自公では293議席になります。では、自民が減った分はどこに行くか。“革新”には入れない、“棄権”したくない層の受け皿として日本維新の会が上積みして15議席を増やし、25議席になるでしょう。“保守勢力”という観点から見れば、負けない選挙です」

 全ての衆院常任委員会で委員長ポストを独占し、全委員会で過半数の委員を与党が確保できる状態を「絶対安定多数」と呼ぶ。つまり、野党が反対しても法案の可決ができる。その議席数は「261」で、自公が「293」なら上回ることになる。そこに維新の25議席を加えると「318」。憲法改正の発議に必要な3分の2(310)を8議席上回る。岸田首相は憲法改正で必要な“3分の2”の議席確保について「選挙だけでは無理がある」と述べているが、議席数をより上積みすることで、改正に向けた動きが加速する可能性もある。

 菅内閣はコロナ対応に追われ、感染者が増加すると、内閣支持率が減少する世界共通の“負のスパイラル”に陥った。結果、菅義偉前首相は総裁選出馬を断念したが、ワクチン接種を「想定以上のペース」(官邸筋)で進め、9月30日に緊急事態宣言などを解除し、岸田政権へと引き継いだ。総裁選では、ほかの議員にもスポットライトが当たったことも与党有利に作用する。

 「総裁選に出た岸田氏、河野太郎氏、高市早苗氏、野田聖子氏による“マスコミジャック”で党の支持率も回復しました。激しい選挙戦となりましたが、終われば、すぐ一致団結するのが自民の特徴です。岸田内閣の最初に出た支持率は50%台半ばで出足は必ずしも高いとは言えませんが、最新の政党支持率を見ても自民は負けません」

 野党はどうか。立民、共産などの政党支持率は1ケタ台が10年近く続いている。都議会「都民ファーストの会」を母体とする「ファーストの会」は迷走を繰り返し、結局、候補者を立てられなかった。

 「衆院選は政権選択選挙。『岸田文雄内閣』と『枝野幸男内閣』のどちらを選ぶのかということです。野党は今回も含めて戦い方を変えていかないと、来夏の参院選も厳しいでしょう」

 ◆三浦 博史(みうら・ひろし)1951年3月24日、東京都生まれ。70歳。慶大法学部卒業後、銀行勤務、議員秘書を経て米国で選挙事情を研究。89年、選挙コンサルティング会社「アスク」設立。元東京都知事の石原慎太郎氏、前五輪相の丸川珠代氏、前千葉県知事の森田健作氏らを担当し、当選に導いた。衆参選挙や自治体選挙でも多くの候補者をサポートする。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請