五木ひろし、紅白出場「喜びを胸に終了したいと思います」 歴代最長50回連続で止まる

スポーツ報知
五木ひろし

 歌手の五木ひろし(73)が、大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」に出場しないことが17日、分かった。この日、大阪市の新歌舞伎座で行った「五木ひろし50thアニバーサリーメモリアルコンサート」で、観客に報告した。

 五木は1971年に「よこはま・たそがれ」で紅白に初出場。以来、昨年まで歴代最長となる50回連続で出場してきた。通算出場回数50回も、北島三郎(85)と並ぶ歴代最多タイ記録だった。

 五木は「(50回連続出場は)簡単に達成できるものではありません。喜びを胸に終了したいと思います」と語った。今年は現在の芸名に改名して50周年。この日は、そのメモリアルコンサート(東阪で全3公演)の最終日だった。

 事務所関係者は「まずはファンの皆さまに直接、という本人の意向です」と説明。昨年、五木のラッキーナンバー「5」にちなんだ大記録に到達したことが決断を後押しした。関係者は「かなり前の時期から決めていたようです。前向きな終了宣言ということです」と話した。

 昨年は前半最後に登場し、2000年の大トリで歌った「山河」を披露した。リハーサル時に報道陣の取材を受ける予定が、当日になってキャンセル。同局を通じて「皆さまに支えられ、たどりついた50回連続出場。私にとっても大きな区切りとして、万感の思いを込めて歌います」とコメントしていた。

 五木は、年末の風物詩に欠かせない存在として数々の記録を打ち立ててきた。トリの通算回数13回は、美空ひばりさん、北島と並ぶ歴代トップタイ。大トリの通算回数6回も、美空さん、北島に次ぐ歴代3位タイ。連続出場期間内に披露した曲目は「千曲川」「契り」「追憶」など歴代1位の41曲に上る。

 13年に北島、15年に48回出場の森進一(73)が卒業を宣言した。演歌界のビッグネームがまた一人、紅白の舞台を去る。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請