【ヤクルト】先発の金久保優斗が5回2失点

スポーツ報知
5回、3者連続三振でベンチに戻る金久保優斗

◆JERAセ・リーグ DeNA―ヤクルト(17日・横浜)

 ヤクルト・金久保優斗投手が5回を投げて6安打2失点で降板した。6月1日の楽天戦(神宮)以来約4か月半ぶりの登板となり「久しぶりの登板で緊張もありました。優勝争いしている中、登板させていただいて何とか最低限は投げれたかなと思います」と振り返った。

 勝利投手の権利を手にして降板したが「得点してもらい、すぐに失点してしまったところは反省しないといけないし、勢いをこちらに持ってくるようなピッチングはできませんでした。もう少し長いイニングを投げたかったです」と反省も忘れなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請