【楽天】田中将大、今季最短5回途中5失点でNPB自己ワースト8敗目

スポーツ報知
5回1死二塁、源田壮亮に右中間への適時二塁打を打たれ、天を仰ぐ先発投手の田中将大

◆パ・リーグ 楽天5―6西武(17日・楽天生命パーク)

 楽天・田中将大投手が先発し、今季最短の5回途中8安打5失点で、NPBでは自己ワーストの8敗目。国内での先発9登板連続白星なしは自身最長となった。

 3回まで無失点投球。しかし4回は1死から栗山に四球を与えると、その後2死一、二塁から川越に左前へ適時打を放たれ、先制点を許した。0―1の5回は先頭・柘植の左前打をきっかけに1死二塁を迎えると、源田の打球は右中間へポトリと弾み、適時二塁打に。その後1死一、三塁では栗山に犠飛を献上すると、続く中村には左中間スタンドへ2ランを被弾し、降板となった。

 ベンチに戻るとグラブをたたきつけ、感情をあらわにした田中将。イニング途中での降板は今季初となった。

 チームは終盤に1点差まで迫ったが、敗戦に終わった。これで2位・ロッテとは3・5ゲーム差に広がった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請