橋本大輝、コンディションに不安も「悔いが残らない試合にしたい」 世界選手権で初タイトル狙う

スポーツ報知
公式練習の演技をタブレット端末で確認する橋本大輝(代表撮影)

 体操の世界選手権は18日から北九州市立総合体育館で開幕する。17日は公式練習が行われ、日本の男子代表が本番会場で調整を行った。

 東京五輪で個人総合と種目・鉄棒で金メダル、団体で銀メダルを獲得した橋本大輝(順大)は練習後のオンライン取材で、自身初となる世界選手権でのタイトル獲得に向け、「しっかり今できることを最大限つないでいこうと思っている。見ている人が感動するような演技をしていきたい」と力を込めた。コンディション面では「しんどい場面もある」と不安も残したが、「悔いが残らない試合にしたい」と今の自分を全てを出し切る。

 大会最終日の24日には種目別・鉄棒の決勝が控えており、お互いに予選を通過すれば、内村航平(ジョイカル)との直接対決となる。「2人とも決勝に行って、1番は金メダル争いをしたいのが目標。けど、僕自身の体力が戻ってないので、(まずは)予選の鉄棒にしっかり集中していきたい」と話した。

 日本の男子予選は20日に行われ、男子個人総合決勝は22日、種目別決勝は23、24日に実施される。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請