馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 小倉 函館

【東京ハイジャンプ】長期休養明けラヴアンドポップが復活V 五十嵐雄祐騎手「僕自身も苦しい時があったので…」

最終障害を飛越する優勝したラヴアンドポップ(右)と3着のオジュウチョウサン(カメラ・池内 雅彦)
最終障害を飛越する優勝したラヴアンドポップ(右)と3着のオジュウチョウサン(カメラ・池内 雅彦)

 ◆第23回東京ハイジャンプ・JG2(10月17日、東京・直線芝3110メートル、稍重)

 12頭立てで行われて、6番人気のラヴアンドポップ(牡8歳、美浦・岩戸孝樹厩舎、父アドマイヤムーン)が、脚部不安による1年4か月の長期休養明けながら、五十嵐雄祐騎手を背にしてゴール前でホッコーメヴィウス(黒岩悠騎手)との激しい叩き合いを制して、復活Vを飾った。前走の東京ジャンプSに続く、障害重賞2連勝を飾った。1番人気のオジュウチョウサン(石神深一騎手)は3着に終わった。勝ち時計は3分28秒8。

 五十嵐騎手(ラヴアンドポップ=1着)「枠は真ん中くらいで、よかったと思っていた。すごい飛越センスのある馬で、飛越でポジションを上げていくことができた。逃げている馬(ホッコーメヴィウス)と自分の馬の手応えを比べながら走らせて、相手をホッコーに途中から切り替えていった。僕自身も苦しい時もあったので、重賞を勝ててうれしいです」

レース結果

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請