川崎、24得点の藤井祐真が躍動し、琉球との接戦を制す 今季4勝目

スポーツ報知
勝利に貢献した川崎・藤井祐真(左)ⓒBリーグ

◆バスケットボール ▽B1リーグ 第3節 川崎 73―69 琉球(16日、沖縄アリーナ)

 川崎ブレイブサンダースは、琉球ゴールデンキングスを73―69で下し、今季4勝目(2敗)を飾った。

 第1クオーター(Q)は開始からターンオーバーを連発し、琉球に先行を許した。川崎・篠山竜青(33)の3点シュート(3P)などで得点を奪うも、10―20とリードされた。

 第2Qに入ると、増田啓介(23)のドライブや、ジョーダン・ヒース(30)のアリウープなどで加点。中盤に藤井祐真(29)の3Pで猛チャージを図り、31―34と追い上げ試合を折り返した。

 第3Qは、篠山のドライブなどで点差を縮めると、残り4分を切り、ニック・ファジーカス(36)のバスケットカウントで一時逆転。終了間際に同点とされるも、序盤で広げられた点差を懸命に追い上げ、最終Qに勝負をかけた。

 第4Q、一進一退の展開が続いた終盤、藤井のバスケットカウントで3点のリードを奪い、篠山がセットプレーでドライブからジャンプショットを沈め、5点差に広げた。試合終了までリードを維持した川崎が、73―69で勝利し、今季4勝目を飾った。

 24得点をマークした藤井は「昨日に続いてアウトサイドのシュートは入らなかったですが、積極的にアタックしようと意識して、やった結果が24点。チームを引っ張れたかなと思うのでよかった」と振り返った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請